【結婚式スピーチ原稿作成代行代筆いたします】友人代表|主賓など

結婚式スピーチ原稿作成代行代筆いたします。友人代表|親族代表|主賓のスピーチなど3分程度なら料金8,000円

アイアム・スピーチライター(スピーチのコツはここから!)

【アイアム・スピーチライター】 

今年1月から始まったドラマ「学校のカイダン」の中で、神木隆之介さんが天才スピーチライターの役を演じている。
 
先日、初めて観てちょっと胸をなでおろした。 

もう、風評被害はゴメンだからだ。 

ちょうど、1年前、仕事の依頼がピタリと止まった。
 
リピーターさんはいつも通り依頼をしてくるが、新規のお客さんの依頼が激減した。 

メールフォームが壊れているのか? 

いやいや、サイトそのものが何かの理由で表示されなくなっているのか? 

いろいろ考えた。
 
別にいつものサイトに問題はなかった。
 

気が付いたのは1週間ほど経ってから……。
 
どうやら偽ベートーベンの一連の報道が、新規のお客さんの依頼に待ったをかけた様だった。 

そりゃそうだ、ゴーストライターが「いや、実は作曲はゴーストライターの私が書きました」と、テレビでチクれば私の依頼もチクられるのでは?

はたまた、脅されるのでは?と二の足を踏むのもわかる気がする。
 
でも、まさか、僕の様なちっぽけなライターにまでそんなしわ寄せが来るとは思いもしなかった。
 
それに輪をかけて中谷美紀さん主演の「ゴーストライター」と言うドラマが始まった。
 
案の上、おどろおどろした内容で、これまた僕たちライターにとってはマイナス要素ばかりだ。
 
そんな中、「学校のカイダン」はあえてゴーストライターと言う名称を使わず、「スピーチライター」と言う呼び方をしてくれている。
 
内容もまあ(笑)僕たちの仕事をいい意味でクローズアップしてくれている。
 
そもそも、僕の所に原稿を依頼してくる人はほぼ100%、結婚式や入学式のスピーチを作る事が出来なくて、悶々としているお客さんばかりだ。
 
そんなお客さんは、本番当日が迫ってきて、頭がパンパンになってにっちもさっちもいかなくなった人がほとんどだ。
 
言うならば、そこまで真剣に自分を追い込んだ、とても真面目な人たちだ。

 偽ベートーベンの様に利害が目的ではない。 


「いやいや、結局、プロにスピーチ原稿を頼んでいい恰好をするんだから、それは利害だろう」そんな声もある。
 
では、同じく結婚披露宴でのフラワーアレンジメントはどうだ?

司会者はどうだ?そこに出てくる料理はどうだ?

すべてプロの仕事じゃないですか!

結婚披露宴のスピーチの良し悪しはその場の雰囲気を大きく左右する。

誰しも新郎新婦の為に、その親族の為に、あるいは出席者の為に心に残るスピーチをしたいのは当たり前だ。

それを利害と言えるかどうかだ。

 
 実は僕の仕事に関しては「紹介」はほぼゼロだ。 

「プロの司会者がとてもいい雰囲気だったから、私が結婚する時はあの人を紹介してね」そんなやり取りはあるだろうけれど、「今のスピーチ、とても良かったわ」と褒められて、「じゃ、書いてくれたライターを紹介するよ」とはならない。
 
まあ、陰の存在でいいとは思っているが、本当は堂々と胸を張ってこう言って欲しいもんだ。

「プロのライターと何度かやり取りをして作り上げたんだ」と。 

事実、お客さんの依頼内容は曲がりなりにも褒められる様な内容ではない。
(もう、頭の中がしっちゃかめっちゃかになっているからだ)

例えばこんな感じ「結婚式のスピーチをお願いします。

3分程度で明るくてユーモアがあって少し泣ける感じでお願いします。

イソギです!!」

これではムリだ。

だから、質問を返す。

答えが返ってくる。

でも、まだまだオリジナルなものは見つからない。

そんなやり取りを繰り返していると、ポツリポツリと光る答えが見えてくる。

僕はそれを拾い集める。

何となく、依頼者の気持ちや性格が読めてくる。

そこからはじめて原稿を作る。 

つまり、実際に依頼者と僕とではキャッチボールがあって、共同で原稿を作っているんだ。 

今回、スピーチライターと言う呼び方がメジャーになったからには、出来ればスピーチライターは料理人と同じ様に、人を喜ばせ楽しませ感動させるプロなんだ、と言う認識が深まればいいなと思う。

 
 今回の「学校のカイダン」を作るにあたっては、スピーチライターの蔭山洋介氏が監修を行っているそうだ。
 
蔭山洋介氏はインタビューの中で「日本にはプロのスピーチライターは私の知る限り、五本の指ぐらいでしょうか?」と言っている。
 
その中に僕が入っているかどうかは知る由もないが、もっともっと表に出て行ってもらって、スピーチライターと言う仕事をメジャーにしてもらいたいもんだ。 



◆◆お問い合わせはこちら◆◆ 


kaisya_woman.pngsmartphone3_man.png


mail.png 
または
bunshoukakimasu@gmail.com
または フリーダイヤル
0120-582-211
から、お気軽にお問い合わせ下さい。

 すてきなスピーチ原稿・文章・その他原稿作成代行・代筆、添削なら、お気軽にご相談下さい。
(結婚式、披露宴、新年会、忘年会、入学式、卒業式、発表会、各種挨拶、祝辞など)

 結婚式 スピーチ 作成 例文 挨拶 披露宴 スピーチライター