【結婚式スピーチ原稿作成代行代筆いたします】友人代表|主賓など

結婚式スピーチ原稿作成代行代筆いたします。友人代表|親族代表|主賓のスピーチなど3分程度なら料金8,000円

【スピーチのこつ】<結婚式(披露宴)などのスピーチの文字数と時間の目安>

【スピーチのこつ】 
■スピーチの文字数と時間の目安

結婚式や忘年会・新年会などのスピーチを考える際、大きなポイントとなるのが「文字数」です。 

例えば、3分間の時間を与えられた。 
では、どれ位の文字数でどれ位のスピードで喋れば、ちょうど3分に収まるか?

アナウンサー 

一番分かりやすい例が「アナウンサー」です。
 
NHKのアナウンサーは1分間におおむね300~350文字(原稿用紙1枚分弱)の原稿を読むと言われています。
 
ただし、これはニュースなどの原稿を読むかなり速いスピードですから、一般的なスピーチの場合は1分間に250~300文字程度、さらに落ち着いた口調で喋る場合はそれ以下となります。
 


3分スピーチ
作ってみましょう!


<ヒント1>
とりあえず「900文字前後で原稿を作ってみる!」
結婚式の友人代表スピーチなどは、おおむね3分間。
これは起承転結がつけやすく、かつ、聞き手が飽きない時間数。
まず、900文字程度の原稿を作成してみます。

<ヒント2>

適当でいいので作ってみる!(笑)

とは言っても、いきなり900文字原稿なんて普通の人には簡単には作れません。

まずは思っている事を原稿にしてみる。

ワードなどの文章作成ソフトなら文字数はすぐに分かります)


あら、これ2,000文字も書いたの?

何っ! たったの500文字!

まずは自分の文章作成イメージ(?)に驚いて、

次は、言いたい事を足したり引いたり。

とりあえず900文字程度を作ってみます。


<ヒント3>

ただし「900マイナス165」

結婚式のスピーチの場合、大きく

1,冒頭挨拶・自己紹介

2,新郎新婦との思い出など

3,結び

となります。


例えば友人代表の挨拶の場合、

<冒頭挨拶>

ただ今ご紹介にあずかりました○○君の中学時代からの友人の○○と申します。○○君、○○○さん、ご結婚おめでとうございます。ご両家の皆様方におかれましても心よりお慶び申し上げます。

これだけでも88文字使っています。


そして

<結び>

簡単ではございますが、お二人のご多幸とご両家の末永い繁栄をお祈りいたしまして私の祝辞とさせていただきます。

本日は本当におめでとうございます。

これで77文字

合計165文字


つまり定型文を除くと、実際に作成する内容は735文字

原稿用紙2枚にもなりません。


<ここが大切!>

従って、この短い文字数でたくさんの逸話や思い出をねじ込んでも、ただの箇条書きになってしまいます。

エピソードの紹介はひとつか二つにしてそれをうまく料理する、それが印象的なスピーチを作るコツと言えます。


はい、ここで的外れな原稿を作っていた人は、やり直し!(笑)


<ヒント4>

「音読する!」
さて、大まかな原稿が出来たら、実際に時計を前にして出来上がった原稿を声に出して読んでみます。
人によって喋り方のスピードは違いますので、自分の3分イメージをつかみます。

<ヒント5>
「文字数のざっくり調整!」
自分の話すスピードが分かったら、しめたものです。
後は、出来た原稿をざっくりと足したり削ったり!
本番では、やはり緊張して少し早口になったりもしますので、そのあたりも考慮に入れて……。
※自分の3分イメージ出来たら、かなり自信がつきますよ!


その次です!

こまごま「イジラナイ!」

businesswoman2_idea.png 
ただし、ここでほぼ出来た原稿を、あまり細かく削ったり増やしたりしていると「ドツボ」にハマります。
細かい言い回しや「、」「。」などは、最後の最後!
(とは言えプロの筆者も、いまだに失敗します!)


<スピーチ原稿作成、ほかのヒントはこちら!>

ああ、大変だ!
そう思ったらプロと相談!
 
◆◆お問い合わせなどはこちら◆◆ 


スピーチ


mail.png 
または
bunshoukakimasu@gmail.com
または フリーダイヤル
0120-582-211
から、お気軽にお問い合わせ下さい。

結婚式、披露宴、卒業、入学、新年会、忘年会などのスピーチ作成、お任せ下さい。

 結婚式 スピーチ 作成 コツ